• 縮小
  • / 拡大

モビリティクラスター - 無人自律走行車両テストベッド

事業概要

無人自律走行車両テストベッド構築事業とは、 自律走行車両の事業化に向けて実際の交通環境で安全性などをテスト できるように、セマングム地域に巨大なテストプラットフォームを構築する事業です。

  • この事業を通じて、関連産業の技術発展や早期の事業化を図り、セマングム地域を名実ともに関連先端産業の中心地にしていきます。

期待効果

  • 1
    関連産業の発展

    無人自律走行車両をはじめ、農業、輸送、物流など、さまざまな関連産業の発展に貢献することが期待されています。

  • 2
    雇用創出

    エンジニアリング、データ分析、車両モニターなどの分野で数千人の雇用が創出されると見込まれています。

  • 3
    地域経済の発展

    厳しい状況にある群山地域の経済回復に大きく貢献することが見込まれています。

推進経過

  • 2019 第1段階 商用車走行試験場事業を完了
  • 2020 第2段階 防潮堤下部道路テストベッド事業を推進
    - 実施設計
    - 旋回走行実験路
    - 路辺通信装備等の設置
  • 予定
    2021第3段階 都心区間実証事業予定

段階別推進計画

段階別推進計画(第1段階, 第2段階, 第3段階)
第1段階(2019年/技術具現) 第2段階(2020年/技術確認) 第3段階(2021年/技術実証)
内容 低速走行(60km/h以下) 自動車専用道路など特定区間における高速走行 一般道路における無人自律走行車両の商用サービス
テストベッド 商用車走行試験場 セマングム防潮堤下部道路 セマングム産業団地内の道路を活用
主管機関 産業部・全北 産業部・全北 セマングム開発庁・全北・群山市
推進状況 2019年に完了 2020年に推進 2021年に推進検討
概念図 走行試験(第1段階)
防潮堤テスト(第2段階)
産業団地道路での実証(第3段階)

セマングム地域の「無人自律走行車両テストベッド構築事業」は3つの段階で推進されており、2019年には第1段階(商用車走行試験場)の事業が完了するなど、積極的に推進されている。

段階別推進計画

’2020年に行われる第2段階(セマングム防潮堤下部道路テストベッド)の事業は合計200億ウォン規模で、2020年1月に実施設計の用役を推進

공유하기